介護食を家庭で作るにはとても手間がかかります


一般的に病院食といえば完成された料理をその通り流動食にしたものが主で、当然美味し沿うには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするようなご飯は造らないと決意しました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単にご飯をすませられるかばかり考えてしまいます。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できるご飯を常に意識するといいでしょう。あまり気分が乗らないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。おかゆはごはんより多くの水で造られているので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比較してなんと半分以下しかありません。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、エネルギーと栄養をプラスしましょう。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、ひとりひとり機能の程度はちがいます。不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設だけでなく家庭でも安全にご飯をおこなうために非常に役たつ目安です。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる怖れが十分にある状態のことです。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態になってしまう可能性が高いといいます。これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。これまでと同じ食べ物を簡単に食べられなくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、一度にたくさんの量を食べられなくなり体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいでしょう。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまたちがう栄養素、例えばアミノ酸やビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)・ミネラルの種類が豊富なので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。見た目が良くて美味し沿うな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見た目や味付けが悪ければ、食べたいという気もちがなくなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。年齢と一緒に唾液も造られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、食べやすさに配慮した商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。介護をする側もされる側も、皆様が幸せになれる介護用の食品を活用することを強くお勧めします。老人ホームのご飯は栄養士が栄養管理した献立を作り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。また各老人ホームによりますが、ミキサーなどの器具を使って造られた流動食ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を助言してくれる介護施設もあります。介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、ケアをする側の負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食の特長は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。よく読まれてるサイト>>>>>介護食