健康サイトの口コミで判断して腎臓病の宅配食を選ぼう!


食事をもとにして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓中で分解されて、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になるはずです。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行をスローペースにし、透析導入を遅らせることが出来るのです。実際に透析が必要となってからも、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なるはずです。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が創られ働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、前向きにこれらの管理を行う事でCKDの悪化を抑制できます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く入っているのです。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質の過剰摂取になるはずです。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になるはずです。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に居座りつづけることはありませんが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで少なからず腎臓に負担が出ます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日換算で約30g~40gです。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになるはずです。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する自分なりのアイデアを取り入れることもできるでしょう。仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となるはずですので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることができるでしょう。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、カリウム摂取を減らす必要があります。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。その影響で、腎機能が低下している患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>腎臓病 宅配 口コミ