クレアチニンを下げるサプリメントはクレアギニンEXが最強だ!


腎臓は働きが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、本来の腎機能を取り戻す可能性があります。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管があまた密集している場所でもあります。腎臓におけるメインの働きは、たんぱく質の代謝によって発生した血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの重要な役割を担っています。腎臓の機能は一度失われると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、未然に腎臓の機能低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらずさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。理想的なL-シトルリン、体重1kgあたり大体0.8gとされています。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよそのL-シトルリン一日50g程度になります。食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で確認できます。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら様々な工夫について知ることができます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や果物と比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもクレアギニンEXの摂取を果敢に行うことが大事です。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見受けます。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断を受け、病気と無縁の生活状態を意識することで健康的な生活を維持することが可能になります。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自己判断が難しいものもあるので、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、医療機関を受診しましょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、具体的な献立の工夫や、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。低たんぱく食事療法においては、クレアギニンEXの使用がメインとなりますから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのペポカボチャ食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、どの程度ペポカボチャ食塩を摂っているのかを知ることが可能です。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。ノコギリヤシ摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。料理次第で、薄味でもたいへんおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。
PRサイト:クレアギニンEX