たんぱく制限や糖質制限にまごころケア食の宅配食は非常に親和性があります


食事によって獲得し立たんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓の内部で分離され、要らない老廃物は尿となって体外に排出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を損なわないためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る重要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する重要があります。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える重要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で捉えれば30~40g程といえます。カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を具材として使うのであれば、小さめに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理をおこないましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、個々の食品や調理をおこなう際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、搾るようにすると、より多く除去できます。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の病理制限も付随してきます。病理制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中に含まれる全ての水分が該当します。浮腫がなかったり軽い場合は塩分の病理制限のみおこなう事となります。水分量の制限については病状や尿量を踏まえて医師が決めます。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるのできちんと医師の診察の元病理制限を施すようにしましょう。慢性腎臓病における食事療法・食事制限の意味合いは、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、現在の健康状態のキープです。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限を試みる事で腎不全の進行ペースを抑えられ、人工透析を始める時期を遅くしていけます。また、人工透析導入後も、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法・食事制限は必須なのです。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため正常な血流が行われず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物に関しても、体内で増加し始めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症を発生指せる要因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。故に的確な食事療法・食事制限を設けて、一定の水分・塩分・蛋白質・エネルギーを摂りつづける重要があります。腎臓病に罹っても食事療法・食事制限を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の症状進行を極力抑える事ができるためす。だいぶ効果が出た場合には、慢性腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法・食事制限は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に達してろ過された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。また、女性でしたら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。腎臓病でお困りの方に適した、たんぱく質を抑えられる特殊食品が販売されています。これらをうまく活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳しく食事を調整する重要が出てきます。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー病理制限が加わります。個人の見解で判断するのではなく、管理栄養士や医師のアドバイスの元確定するようにしましょう。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が重要です。甘い食べ物に関しても案外沢山のたんぱく質が含まれているのです。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個程のたんぱく質が入っています。
PR:まごころケア食